何でもない日をイベントに

特に何もない日でしたが、イベントごはんぽくしてみました。
この日は緑の野菜を食べつくしていましたので茶色っぽい食卓です。我が家の冷蔵庫や干物引き出しの中はよくからっぽになります・・・

・ビーフストロガノフ風
・カリカリポテト
・シーフードドリア
・イングリッシュマフィン2種
f0158198_20205934.jpg

夫が休みでもなく、土日でもなく。
でも、共働き世帯にとっては時間の合う日ならイベントです。日ごろは帰宅時間が合わず、ゆっくりご飯やお茶もしにくい・・・ちょっとでも時間に余裕があれば、お互い、日々充分に話ができないのでここぞとばかりに喋りましょう。
メニューはちょこっとだけスペシャル(風)に。普段はあまり使わないお肉も・・・(私がお肉苦手なので)

このメインは10/20の「知っとこ!」番組中の「世界の新婚さんの朝ごはん」(この時はスイスのチューリヒです)に影響を受けて。もう好きすぎるこのコーナー、毎週食い入るように見つめています。
材料は違いますが、なんとなく似たような感じにできましたか~

簡単すぎますが、作り方です・・・
f0158198_20224369.jpg

カリカリポテトは千切りしたじゃがいもを水にさらさずに、片栗粉とナツメグ少々、塩こしょうを混ぜ油をひいたフライパンに入れ上から押さえつけながら両面焼き。
表面がカリカリになるまで焼く。
f0158198_20233261.jpg

シーフードドリアは冷凍ピラフを入れておいた上にソースをかけます。
f0158198_20241353.jpg

ソースは小麦粉:バターを1:1で。今回は15gずつくらいで、牛乳は200ccでした。
バターで玉ねぎのみじん切り、シーフードを炒め、小麦粉を加え炒め、牛乳を少しずつ入れ伸ばし軽く煮詰めたもの。
f0158198_20244217.jpg
表面に膜が張ってしまうのでラップをぴったりとつけ、待機。食べる直前にピラフの上にかけ、チーズとパン粉を散らしてトースターで焼く。

イングリッシュマフィンは缶詰のまぐろ甘露煮、卵サラダをそれぞれ乗せてトースターで焼く。

ビーフストロガノフ(風)は、牛肉200グラムほどに小麦粉をふり、バターで焼き、取り出す。
マッシュルーム1パック、しめじ1/2袋をスライスし、同じフライパンでよく焼き牛肉の旨味を吸わせたら白ワインを1/2カップほど入れ
グレービーソースの素を加え、牛肉を戻し入れ、ソースをからめる。
f0158198_20261795.jpg
グレービーソースはHちゃんに以前頂いていたこれを使いました。とても美味しい!今更だけど、ありがとう!






牛肉はストロガノフっぽく、水きりヨーグルトで作ったなんちゃってサワークリームをからめながら食べました。
夫が作るのを手伝ってくれて、照明を少し暗くしてムーディに演出してくれました。
お料理用に買ったワインはこの日にかなり飲まれて数日のうちに姿を消しました。
f0158198_20274258.jpg

大切な人たちと楽しく食べる。これが「食事」だと思います。

毎日作る食事には、正確すぎる計りは必要ないと思うのです。
毎日違う味だから、食べたくなる。レストランほど美味しくなくても、日常で生まれるレシピには知恵と愛が込められる。私たちは、愛のかたまりを食べていると思います。
親から子へ、伝えていく愛のかたち。私たちはまた、その愛を伝えていかなければいけません。

ランキング参加中です。
いつも来て下さる皆様、共働きの皆さま、地元大阪、茨木の皆さまのクリックをお願いいたします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

 
[PR]
by simplelife126 | 2010-10-29 20:42 | 共働きのイベントごはん
<< 甘いキャベツ蒸し。2人の母。 つくれぽと、意外な特技・・・ >>